スマホで最も壊れやすいのは画面

今や多くの方がスマートフォンを所有していますが、スマートフォンは毎日欠かさずに使うものなので故障することも多いです。そんな故障の中で最も頻度が高いものと言えばガラス画面が割れてしまうというものです。

スマートフォンはガラケーの折りたたみ式のように画面が保護されておらず、むき出しの状態なのでどうしても割れてしまいやすい状態にあります。手帳型ケースなどを使用していれば多少の保護にはなりますが、何も対策していなかったりズボンの後ろポケットに入れたまま座ってしまうなどすると簡単に割れてしまうものです。

保護フィルムは画面割れ対策にはならない

スマホには画面を保護するフィルムが売られており、それを使用している方も多いでしょう。しかし、あの保護フィルムは、画面を引っかき傷などから保護するものであって、割れに対する対策ではないので勘違いしないで使用しなければなりません。ガラス保護フィルムであればフィルムごと割れてしまうことも少なくありません。

機種によっては自分で修理が可能

スマートフォンの画面が割れてしまった場合、基本的にはメーカーやキャリアの修理に出し画面交換をしてもらうというのが基本となるでしょう。しかし、機種によっては画面交換のキットが販売されており、自分で画面の交換を行うことが可能になっています。

自分で修理するということはその分リスクもありますが、安価にスマホの画面を交換することが出来ますし、データなどを消去すること無く修理することが出来るので器用な方や好きな方には人気です。

急いでいる場合のスマホ修理は、街中にある小規模な店構えの修理業者を使うのがおすすめであり、当日に修理が終わっている場合もあります。

スマホの画面割れを修理の方はこちら
iphone6sのガラス交換はこちらから