見た目が気に入らないのなら

ホームページを作るためには、テンプレートがある既存のサービスを利用すれば、数分後には完成しています。それらに、文字や写真を取り込むだけで、きちんとしたホームページとして運用していけるでしょう。
しかし、それではそこら中に同じデザインのホームページが存在することになるため、仕上がりが納得できないかもしれません。そのときは、既存サービスを利用するのではなく、ホームページを新たに立ち上げましょう。そうすれば自分で自由にデザインができるため、納得ができるまで作り込むことが可能です。
なお、ホームページを開設できるスペースは、有料と無料のものがあるので、それぞれのメリットを考えた上で好きなほうと契約しましょう。

最初は他者のホームページを参考にすること

自由にカスタマイズできるホームページを作るときに気をつけなければいけないのは、きちんと読みやすさ考えてデザインするということです。写真や映像などを取り入れれば、見た目が派手なものを作ることができますが、決して見やすいとはいえないでしょう。誰にも見てもらわなくてもよいのなら別ですが、何らかの情報を発信したいのなら、文字の大きさや写真の配列などの心配りをするべきです。
なお、どのようなデザインが正解なのか分からないのなら、他者が作った素敵なホームページを参考にするとよいでしょう。インターネット上には数多くのホームページがあるため、それらを参考にして学んでいけば、いずれは自分だけのオリジナルのホームページを作成することができます。

レスポンシブデザインとは1つのページでパソコンで見てもスマートフォンで見ても綺麗に見れるようにする技術のことを言います。